FC2ブログ

「相田家のグッドバイ」を読み始めました 

遺品の片づけにかかる結構な時間。それは後から私の中でどんな風に位置づけられるのか。
有名な「断捨離」を買おうと思ってkindleでサンプル読んでみたのですが、
≪片づけるものに対して時間軸は今で、モノではなく人を主体にして向き合う≫
ということらしく なんか分かる気がする。でも今読まなくてもいいかと思い、

占星術師の河童先生
がコメントくださったときに仰っていた


相田家のグッドバイ相田家のグッドバイ
(2012/02/24)
森 博嗣

商品詳細を見る


を読み始めました。

(※河童先生は、河童の母暦で占星術、サビアンについて書かれています)


まだ途中なので 作中の遺品整理については未読ですが
相田家の両親が老いていく様は
老いるって事を 自分に置き換えて考えてしまいます。

寝る前に読んだので 悪夢にうなされました ぶはははは

相田家の息子は人と違う事を 両親に否定されず、どちらかと言えば
肯定されていた。そのためか人と違うことが嬉しかったようだけど
私とまるで逆でうらやましいと思いました。



うちの母は、生活に自分のルールをきっちり作ってそれから少しでも逸れると
不機嫌になり口をきいてくれなかった。

社会のルールなどを身につけるには最適だったと思いますが
母の思い通りにしなければ許されない。
「まぁ いいか」なんて無いんです。息が詰まる。


こんな事を書くと 人としてどうかと思われるかもしれませんが。

母が亡くなってそういうルールからも、母の私への依存からも自由になりました。

私の世界を生きられると 悲しみの最中に気が付きました。
悲しく、後悔もしながら 自由に気が付くという。

母と娘は難しいですね。
そして死別の悲嘆は本当に複雑です。



関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

どん

Author:どん
西洋占星術を研究中の水木ゆりです。ここではずっとどんというHNでした。
なぜどん?それはHN、何も思いつかず、その時ステーキが食べたかったのか(多分)「どん」しか思いつきませんでした(笑)ステーキのどんさんが好きでーす!
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

フリーエリア

検索フォーム