山羊座の山を越えた話

山羊座は山の頂上って大御所先生が仰っていた
社会的な常識や普通と思われている事が
その山を越えると通用しない事がある。
と言うことだと理解しています。

例えばお葬式ですけど
どん地方で普通に行われている事と
都会とでは様相が違うようです。

祖母が亡くなった時に、
祖母の息子の嫁が都会から葬式に来て、
いちいち「おかしい」と言う。

お金は喪主が触るなとか、
どうしてあれはああなんだとか(詳細は忘れた
ず~っと言っていて

私は祖母が死んで物凄く悲しかった。

なのにそんな事ばかりを言う叔母は
祖母が死んでもどうせ悲しくはないだろうが、
郷に入っては郷に従えだろ、
そう言っているあんたがおかしい!!と思い(爆笑)

そんな事より重要なのは
ばあちゃんをみんなで送ってあげる事でしょって
言いました(笑)
まだ20歳前半の若い事によく言った!私!

山を越えた水瓶座の世界では
山羊座の常識が通用しない。

そんな事を山を見ながら思い出したり考えていました。

山羊の山を越えたお話でっす

15日も良い一日を!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

どん

Author:どん
西洋占星術を研究中の水木ゆりです。ここではずっとどんというHNでした。
なぜどん?それはHN、何も思いつかず、その時ステーキが食べたかったのか(多分)「どん」しか思いつきませんでした(笑)ステーキのどんさんが好きでーす!
よろしくお願いします。

詳しいプロフィールはこちらからどうぞ!

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

フリーエリア

検索フォーム